You are here: Home » 未分類 » 搬送中にガラスが割れない様にするコツとは?

搬送中にガラスが割れない様にするコツとは?

glass_conveyance
ちょっとした引越しや、荷物の搬送などを行うような時は人生の中で何度か訪れるものです。そのような機会に、ガラス製品を搬送するというケースも少なからずあるかもしれません。しかし、ガラスは一般的な家財道具に比べて非常に破損しやすいものであることから、できるだけデリケートに扱わなけらばならないものです。かといって、何も知識の無い状態でガラス製品を搬送するとなると、かなりリスキーなもの。もし今後、ガラス製品を搬送しなければならない状態に陥った時のために、搬送中にガラスが割れないようにするコツについてご紹介いたしましょう。

ガラスを割れないようにするコツのセオリーとして言えるのは、ガラスそのものにダメージを与えないようにクッション性の高いものを巻きつけるというものです。このクッション性の高い物の代表例としては、毛布、そしてプチプチという愛称で知られるエアー入りの梱包フィルムなどが挙げられるでしょう。ガラスが大きければ大きな範囲をカバーできる毛布で包むのが適していると言えるでしょうし、小さいガラスであればエアー入りの梱包フィルムで巻きつけることが適していると言えるでしょう。まずは車に載せる前に、このようなクッション性の高い素材のものでガラスを巻きつけること、これが第一のコツになります。

そしてその次のコツ、これが最も大切で、二つ目にして最後のコツになります。そのコツとは、自動車に載せた後に動かないようにガッチリと固定をすること。これが重要です。どれだけクッション性の高いもので包んだとしても、自動車の中で揺れてしまうと、ガラスが破損してしまう可能性はかなり高いです。ですが、その揺れをなくすことによって破損するリスクを最大限まで抑制することが可能になります。

以上がガラスを割らずに搬送するコツになります。もし今後、ガラス製品を運搬しなければならない時は、このコツを踏まえて行ってはいかがでしょうか。