You are here: Home » 未分類 » 大切な額縁のガラス割っちゃったときの対処法

大切な額縁のガラス割っちゃったときの対処法

picture_frame
我が家では、子供が壁に掛けてある額縁を落としてしまい、ガラスを割ってしまったというようなことがありました。幸いにも、額縁自体は大きさが規格で決められているので、同じ大きさの額縁を購入してきて対処することができました。

このように我が家と同様にヤンチャな子供さんがいるお家では、雨で外で遊べないという日には家の中で暴れまわることが多いので、物を落として壊すというのは日常茶飯事でしょうね。あるいはまた、リビングの窓ガラスに何かの弾みで当たってガラスを割ってしまうということもあるでしょうね。物を落として壊してしまうという対策は難しいかもしれませんが、家の中にある窓ガラスに関しては、近年では強化ガラスといった通常のガラスよりも丈夫なガラスもあるので、そうしたガラスに交換するという対処もしておいた方がよいのかもしれませんね。

ただし、強化ガラスの場合には子供対策にはなるとはいうものの、空き巣対策にはならないでしょうね。例えば空き巣のガラス破りの場合、バールで窓ガラスを叩き割るということも想定されます。そうなるといくら強化ガラスとはいっても、空き巣の前には到底歯が立たないでしょうね。そこで、子供と空き巣の両方の対策ということで、防犯ガラスを取り付けるということも合理的でいいかもしれませんね。あるいは、防犯用シートをガラスに貼り付けるということでもいいでしょうね。